• 東京の新規事業は貸倉庫がおすすめ

    物販や流通にまつわる新規事業に欠かせない設備のひとつが、倉庫スペースでしょう。

    手広く商品を扱う見込みがあればあるほど広い倉庫が必要になりますが、東京などの都市圏でそれだけの不動産を取得しようとすれば、初期投資が莫大になってしまうのは言うまでもありません。

    そこで、新規事業主の多くが利用するのが貸倉庫です。



    自社で不動産を所有する場合、長期的に見れば確かにコストを軽減できるという側面がありますが、それを借入金などで賄った場合、まだ営業を始めたばかりの初期段階では負担を強いられるケースも少なくありません。


    また、自社所有にしてしまえば、経営状況に応じた移転などの際に煩雑な手続きが多くなる場合もあります。


    その点貸倉庫なら、様々なメリットがありますね。まず、競争の激しい東京近郊での新規事業の場合、何かと不安要素が多い段階で初期投資費用が抑えられるのが最大のメリットです。

    毎日新聞のことならこちらのサイトにお任せください。

    その分の費用を運転資金に回せるのは、企業にとって大いなる強みとなることでしょう。
    また、貸倉庫は経営状況や事業内容の変化に応じて移転がしやすいという利点もあります。



    環境の変化の激しい東京などの都市部では、事業に適した場所も時期に応じて移り変わる可能性がありますから、特に見極めの難しい新規事業立ち上げの初期段階は、自社不動産を所有するよりも貸倉庫の方が何かと臨機応変に対応できるに違いありません。

    潤沢な運転資金と身軽な事業形態で、効率的な新規事業の立ち上げを実現させたいものですね。